FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の叫び

デザイン決まらねー!!

結局レミリア様のウロボロスペンダント的なものを作ろうかと思って構想していましたが…。
なんと言うことでしょう「資料だから!」とお嬢様の絵を見ていたら休日が終わっていました。
進展は無し、ボツ絵が沢山できただけでした…。僕の頭が紅色の幻想郷です。


作るにあたって構想はできているんですが、今回は石をつけてみようかなと思っています。ちょっと大きめの奴。

お嬢様と言えば赤、紅魔郷だし。そして赤い石と言えばルビーですが、ルビーは「貴石」と言われる値段の高いグループに属しているので予算上却下。
なにより石留めで割ったら怖いので。

ということでかわりにガーネットを使います。
ガーネットは「貴石」のグループではありますが、グッと価格が落ちる「半貴石」に近いので、価格もお手頃です。イメージ通りの大きさなら1000円ぐらいで買えるかなー。
世間一般では「宝石は高いもの!」ってイメージがありますけど、宝石もピンキリです。
1カラット1万円のダイヤもあれば、1カラット100万する凄まじいダイヤもあります。
私も修行を初めて最初に石屋さんに行った時に並んでいる宝石をみて、値段の低さにびっくりしました。「えっ、0少なくないですか?」みたいな。

1カラットは0,5gで、宝石の重さは基本的にカラットを使います。ただし、真珠だけは匁(もんめ)という単位で測ります。

前にメガネ屋に行った時、販売員の方が隣で選んでいたおばさんに「こちらのフレームは天然のルビーを留めてあるんです、その分1万円ほど値段は上がりますが、おすすめですよ!」
なんて力説していてちょっと笑ってしまったことが。
1mmもしないルビーなんて一ピース100円ぐらいじゃないのかなー、なんて思っていましたが、流石に営業妨害したくはないので黙っていました。

おばさんも「へぇー」なんて言っていたので、どれだけ「宝石は高いもの!」というイメージが定着しているかわかりますね。

随分脱線しましたが、宝石の価格は「綺麗さと大きさ」(ダイヤの場合は4Kなんて言われて、カット(反射率)、重さ、透明度、色、の総合評価で決まります。)で二次関数的に上がっていくので、基本的に「大きくなるとやたら高いけど、小さいものは安い」と覚えておいて損はないと思います。

それでは今回はこの辺で。

デザインがんばらないと!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ke-kiti

Author:ke-kiti
宝石と貴金属の街甲府にて、彫金見習いをしています
作品置き場的HP
メール:
tutuzigasakikai(あっとまーく)infoseek.jp

最新記事
最新コメント
つぶやき
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。